<スポンサードリンク>
  
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |アトピー性皮膚炎 |
アトピー性皮膚炎の悪化原因
アトピー性皮膚炎は、強いかゆみによって炎症部分を掻いてしまい、皮膚を傷つけてバリア機能が低下ので、少しの刺激でも敏感になりさらに掻くことにより症状が悪化していくという悪循環が起こる。アトピー性皮膚炎の悪化原因としては、当然のことながらアレルギーの原因となる食物やハウスダスト、ダニなどの原因物質を排除することが必要だが、それ以外にも悪化の原因がある。

◇アトピー性皮膚炎の悪化原因ー夏には、体温上昇や汗の刺激による悪化が見られる。肌を清潔に保つために、シャワーなどで汗や汚れを流すように心がけることが大切である。

◇アトピー性皮膚炎の悪化原因ー冬場には、空気の乾燥による悪化が見られる。
ドライスキン(アトピー性皮膚炎の方の乾燥肌)は、アトピー性皮膚炎の方に見られる特徴であり、空気の乾燥から、肌を守ることが重要となる。

◇アトピー性皮膚炎の悪化原因ー近年、スギ花粉の飛散の時期に、症状が悪化する方が増えている。肌のバリア機能が落ちた部位に、アレルゲンとなる花粉が付着するために起こると
考えられている。空気清浄機などの利用や、帰宅後、玄関先などで洋服などを叩き、室内に花粉を入れない工夫も必要となる。

◇アトピー性皮膚炎の悪化原因ー自律神経が乱れる季節の変わり目にも要注意。
毎年、アトピー症状が悪化す時期の記録をとり、生活に気をつけることが必要である。

上記の他、ゴワゴワした衣服、シャンプー、石鹸など皮膚に刺激の強いもの、睡眠不足などの不規則な生活、温度の変化、日光、ストレス、また、ステロイド外用剤を長期または大量に使用(その副作用により皮膚の免疫力を弱めて症状を悪化させる)などが、アトピー性皮膚炎の悪化原因としてあげられる。
| アトピー性皮膚炎の原因 |アトピー性皮膚炎 |
スポンサーサイト
| - |アトピー性皮膚炎 |