<スポンサードリンク>
  
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |アトピー性皮膚炎 |
赤ちゃんのアトピースキンケア
赤ちゃんの肌は、とても柔らかくデリケートである。いくら健康肌でも赤ちゃんの肌は刺激に弱く、アトピー肌ならなおさらである。
赤く傷ついた肌はとても痛々しい。
赤ちゃんは毎日、場合によっては日に二度入浴するが、その際に使用する石鹸は高価なアトピー用石鹸というのがあるが、無添加・無香料のものでよい。無添加石鹸でも、それほど高くないものもあるので探してみてください。
薬用石鹸は殺菌効果が高く、そのぶん刺激があるため、肌に炎症をおこしているアトピー肌には向いていない。毎日、石鹸を使わねばと思い込まなくてもいいので、赤ちゃんの肌がかさかさに乾燥している場合は、乾燥を増してしまうことがあるので無理に石鹸を使わないほうがいい。赤ちゃんの肌の状態をみて決めて頂きたい。

アトピー肌の赤ちゃんに限ったことではないが、石鹸を使う場合はしっかり泡立てること。赤ちゃん専用のスポンジやタオルも発売されているが、手でそっとなでるように洗ってあげるのが手軽で清潔な方法である。
また赤ちゃんの肌にも石鹸の成分が残らないようにしっかりすすいでください。
お水をかけて皮膚を鍛えるのもよい。
皮膚に、高温・低温の刺激を与える程度でいいので交互にかけると、皮膚が鍛えられる。
またお湯だけであがるよりも、お水をかけるほうが、肌が乾燥しにくい。出た後は、濡れたタオルを絞ってふいてあげると刺激が少なく乾燥しにくい。
| アトピー情報 |アトピー性皮膚炎 |
スポンサーサイト
| - |アトピー性皮膚炎 |