<スポンサードリンク>
  
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |アトピー性皮膚炎 |
アトピー性皮膚炎と遺伝
アトピー体質(遺伝的要因)は遺伝することが知られている。アトピー体質は統計的に、片親にアトピー体質がある場合、約3割の確率でその子供もアトピー体質が遺伝するといわれ、もし両親がともにアトピー体質の場合、およそ7割の場合で生まれてくる赤ちゃんもアトピー体質になると言われている。

しかし、アトピーの遺伝的要因を持ってる人全てがアトピー性皮膚炎を発症する訳ではあない。アトピー体質とはそれほど特別なものではなく、全体の25〜30%は素因を持っているといわれているのだが、実際にそれほど多くのアトピー患者に、その遺伝的素因が見られるわけではない。
それより、生まれたときから受けてきた様々な生活環境因子や、生活習慣因子の影響がアトピー性皮膚炎の発症により大きい影響を及ぼしているのである。

アトピーの遺伝的要因が原因で生じる病気にはアトピー性皮膚炎のほか、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症などがある。また、ある一定の原因から生じる疾患という意味では、高血圧、糖尿病なども同じである。つまり、人間はこの世に生まれてきた以上、何らかの病気になるような遺伝子を持つことは避けられない、といっても過言ではない。
ここで重要なことは、アトピー(アレルギー)性皮膚炎の症状を出さないための生活環境、生活習慣が非常に重要だということである。

アトピー性皮膚炎の体質を決める遺伝子は、現在のところまだ解明されておらず、また、遺伝子操作でもしない限り、その体質を変える方法はないが、かゆい湿疹さえなければ生活に支障はない。あまり深刻にならずに、生活環境や生活習慣を見直して、アレルギーやアトピーの原因を取り除くように心掛けて頂きたい。
| アトピー情報 |アトピー性皮膚炎 |
スポンサーサイト
| - |アトピー性皮膚炎 |