<スポンサードリンク>
  
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |アトピー性皮膚炎 |
アトピー性皮膚炎の原因
アトピーは正しくはアトピー性皮膚炎というが、このアトピー性皮膚炎の症状はかゆみのあるブツブツやジクジク、苔のような湿疹である。
アトピー性皮膚炎の原因はいろいろで、その主な原因としては食生活、ストレス、過労、寝不足、環境汚染、ハウスダスト、ダニ等があげられるが、シャンプー、石鹸、化粧品もアトピー性皮膚炎原因のひとつである。
アトピー系の肌は、角質層の保湿力が先天的に低下している乾燥肌で、そして肌が乾燥性の皮膚炎を繰り返すことでアトピー性皮膚炎へ進行する。
アトピー皮膚炎には二つの側面がある。「アレルギー原因」と「皮膚バリア障害」である。普通の人にとってはなんでもない物質に、体が敏感に反応するのがアレルギーである。また皮膚が本来備えている、有害物質や刺激から身を守る防御機能が著しく低下している状態が、皮膚バリア機能である。そのため、大抵の人が支障をきたさないようなわずかな刺激にも炎症を起こしてしまう。
アトピー性皮膚炎は、「アトピー素因」と「皮膚の生理学的異常」という二つの要因に、ストレス、アレルゲンなどの「生活環境」が加わって発症する。 アトピー素因とは、遺伝的にアレルギー反応を起こしやすい体質を指し、家族にアレルギーを持つ人がいる場合(家族歴)、他の花粉症、気管支喘息などのアレルギー疾患に罹患している場合(既往歴)、IgE抗体を産生しやすい、副交感神経優位の状態等が含まれる。

アトピー素因を持つ人のことをアトピー体質の人、つまり、アトピーと呼ぶが、花粉症や喘息の人もアトピーに含まれる。
皮膚の生理学的異常は、ドライスキン(乾燥肌)であるためにバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなっている状態をいう。皮膚の乾燥は皮膚の保湿因子であるセラミドの含有量が低下し、水分を保持できないことがアトピー性皮膚炎の原因となる。
アトピー性皮膚炎の人は皮膚のバリア機能が健康な人に比べて弱いため、外からの刺激の影響を受けやすくなり、その上アレルギー反応を起こしやすい体質のため、刺激の影響は倍増してしまう。かゆみが起これば、掻いて皮膚のバリアをさらに弱くしてしまうため、悪循環に陥いるのである。
| アトピー性皮膚炎の原因 |アトピー性皮膚炎 |
スポンサーサイト
| - |アトピー性皮膚炎 |