<スポンサードリンク>
  
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |アトピー性皮膚炎 |
アトピー性皮膚炎の原因
アトピーは正しくはアトピー性皮膚炎というが、このアトピー性皮膚炎の症状はかゆみのあるブツブツやジクジク、苔のような湿疹である。
アトピー性皮膚炎の原因はいろいろで、その主な原因としては食生活、ストレス、過労、寝不足、環境汚染、ハウスダスト、ダニ等があげられるが、シャンプー、石鹸、化粧品もアトピー性皮膚炎原因のひとつである。
アトピー系の肌は、角質層の保湿力が先天的に低下している乾燥肌で、そして肌が乾燥性の皮膚炎を繰り返すことでアトピー性皮膚炎へ進行する。
アトピー皮膚炎には二つの側面がある。「アレルギー原因」と「皮膚バリア障害」である。普通の人にとってはなんでもない物質に、体が敏感に反応するのがアレルギーである。また皮膚が本来備えている、有害物質や刺激から身を守る防御機能が著しく低下している状態が、皮膚バリア機能である。そのため、大抵の人が支障をきたさないようなわずかな刺激にも炎症を起こしてしまう。
アトピー性皮膚炎は、「アトピー素因」と「皮膚の生理学的異常」という二つの要因に、ストレス、アレルゲンなどの「生活環境」が加わって発症する。 アトピー素因とは、遺伝的にアレルギー反応を起こしやすい体質を指し、家族にアレルギーを持つ人がいる場合(家族歴)、他の花粉症、気管支喘息などのアレルギー疾患に罹患している場合(既往歴)、IgE抗体を産生しやすい、副交感神経優位の状態等が含まれる。

アトピー素因を持つ人のことをアトピー体質の人、つまり、アトピーと呼ぶが、花粉症や喘息の人もアトピーに含まれる。
皮膚の生理学的異常は、ドライスキン(乾燥肌)であるためにバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなっている状態をいう。皮膚の乾燥は皮膚の保湿因子であるセラミドの含有量が低下し、水分を保持できないことがアトピー性皮膚炎の原因となる。
アトピー性皮膚炎の人は皮膚のバリア機能が健康な人に比べて弱いため、外からの刺激の影響を受けやすくなり、その上アレルギー反応を起こしやすい体質のため、刺激の影響は倍増してしまう。かゆみが起これば、掻いて皮膚のバリアをさらに弱くしてしまうため、悪循環に陥いるのである。
| アトピー性皮膚炎の原因 |アトピー性皮膚炎 |
アトピー性皮膚炎の悪化原因
アトピー性皮膚炎は、強いかゆみによって炎症部分を掻いてしまい、皮膚を傷つけてバリア機能が低下ので、少しの刺激でも敏感になりさらに掻くことにより症状が悪化していくという悪循環が起こる。アトピー性皮膚炎の悪化原因としては、当然のことながらアレルギーの原因となる食物やハウスダスト、ダニなどの原因物質を排除することが必要だが、それ以外にも悪化の原因がある。

◇アトピー性皮膚炎の悪化原因ー夏には、体温上昇や汗の刺激による悪化が見られる。肌を清潔に保つために、シャワーなどで汗や汚れを流すように心がけることが大切である。

◇アトピー性皮膚炎の悪化原因ー冬場には、空気の乾燥による悪化が見られる。
ドライスキン(アトピー性皮膚炎の方の乾燥肌)は、アトピー性皮膚炎の方に見られる特徴であり、空気の乾燥から、肌を守ることが重要となる。

◇アトピー性皮膚炎の悪化原因ー近年、スギ花粉の飛散の時期に、症状が悪化する方が増えている。肌のバリア機能が落ちた部位に、アレルゲンとなる花粉が付着するために起こると
考えられている。空気清浄機などの利用や、帰宅後、玄関先などで洋服などを叩き、室内に花粉を入れない工夫も必要となる。

◇アトピー性皮膚炎の悪化原因ー自律神経が乱れる季節の変わり目にも要注意。
毎年、アトピー症状が悪化す時期の記録をとり、生活に気をつけることが必要である。

上記の他、ゴワゴワした衣服、シャンプー、石鹸など皮膚に刺激の強いもの、睡眠不足などの不規則な生活、温度の変化、日光、ストレス、また、ステロイド外用剤を長期または大量に使用(その副作用により皮膚の免疫力を弱めて症状を悪化させる)などが、アトピー性皮膚炎の悪化原因としてあげられる。
| アトピー性皮膚炎の原因 |アトピー性皮膚炎 |
アトピー性皮膚炎の症状の特徴
アトピー性皮膚炎の患者はかゆみに悩まされるので、イライラや気分がすぐれないなどの精神的ストレスを感じている人が多く、なかには学校や職場を休みがちになるなど、社会生活に影響が及ぶケースもある。

■アトピー性皮膚炎の診断基準
「アトピー性皮膚炎」の診断基準は、厚生労働省や日本皮膚科学会が作成した治療ガイドラインによって決められている。次の3項目に当てはまる場合、症状の軽い、重いにかかわらず、アトピー性皮膚炎と診断される。

1.かゆみがある

2・湿疹と症状の現れる部位に特徴がある
アトピー性皮膚炎の湿疹は、左右対称に現れるのが特徴で、年代により、アトピー症状の現れる部位が異なる。
乳児:主に顔や頭にできるが悪化すると、胸や背中、手足にも広がることがある。
子供:首周囲や、肘の内側、膝の裏側など関節の内側にできることが多い。
成人:顔や首、胸や背中など、手でかきやすい部位に、症状の重いアトピー湿疹が多い。

3.湿疹の慢性化
湿疹が慢性化し、改善と悪化を繰り返す。乳児では2ヵ月以上、子供や大人では6ヵ月以上が目安となる。
| アトピー性皮膚炎の症状 |アトピー性皮膚炎 |